歯科技工士が義歯の制作と加工を行っている

歯科で治療を受ける際に詰め物や義歯の型どりをして、それを後日装着することになります。
型どりをするのは歯科医師や歯科衛生士が行いますが、その型と指示書は歯科技工士に渡されます。
歯科医院ではほとんど契約している技工所に依頼して入れ歯や詰め物を作ってもらいます。

歯科技工士は歯科医療の一端を担う医療技術の専門職です。
医師の指示書に従って入れ歯や詰め物を作成します。
歯科技工士は直接患者さんの口に触ることはできませんし、直接会うこともないのです。
そういう状況の中で正確で精密なものを作成しなくてはなりません。

具体的にはどのようなものを手掛けているかという事になりますが、義歯、詰め物、被せ、ブリッジ、矯正装置、マウスガード、インプラント等々があります。
また生まれつき、病気や事故で失われた身体や顔の一部を人工の素材を使って形状を補うエピテーゼも手掛けます。
それらの制作、加工、補修を行うのが歯科技工士の仕事です。

人の口の中に入れるものを作成するわけですから、安全で精密、正確なものが必要となります。
歯はものを咀嚼すること、正しく発音すること、見た目に大きく関与してきます。
それらが支障なく行えることはその人の生活の質にも大きな影響を与えるのです。

歯科技工士が取り扱う素材も多岐にわたり、プラスチックや金属、セラミック等なのですが、それぞれの素材の特徴を理解して加工する技術も必要になってきます。
近年注目を集めているインプラント治療や歯列矯正ですが、とりわけ高度な知識と技術を必要とするために各学会では認定歯科技工士制度を導入しています。
またインビザライン矯正においては独立した研修システムを有しており本社ではインビザライン専門の技工士を養成しています。

さて、このような業務に従事する歯科技工士ですが、どのような人に向いているのでしょうか。
技工物を作成する上で大切なことは丁寧で正確な技術を必要とするため手先の器用さも重要なことかもしれませんが、それにもまして大切なのはコツコツと努力する根気強さです。
加えて医療専門職として常に新しい技術や知識を習得していく必要もあり、新しいことに対する好奇心や向上心をもって仕事に取り組むことも大切です。

歯科技工士になるためには高校卒業後、歯科技工士教育機関で2年以上学び、必要な知識と技術の習得をすることで国家試験受験資格ができます。
合格率は80パーセント程度でしょう。
養成機関は全国に50余りあり、2、3年制の専門学校、四年制大学、二年制の短大があります。
少数ですが、夜間部を併設している所もあります。

関連ページ