歯周病は成人の8割が罹っている!?10代からの予防が大切

歯を失う原因の90パーセントは虫歯と歯周病です。
特に歯周病による喪失の割合は高く、成人の8割は歯周病になっていると言われています。
定期的に歯科衛生士の検診を受け、予防に努めましょう。
確かに歯周ポケットが深くなるのはある程度の年齢になってからですが、歯石の沈着は10代にしてすでに起こっているのです。
たとえきちんと歯磨きをしているようでも完全とはいえません。
歯科衛生士によるサポートがないと初期段階で予防することはできません。

虫歯を治してくれるのは歯医者さんです。
歯科衛生士はまだ虫歯や歯周病の状態まではなっていない段階の歯科予防処置を専門とするお仕事で、女性であることが多いです。
歯医者さんが虫歯を削ったりする横でサポートしてくれている女性がいるでしょうがそれがそうです。
若いお姉さんなので小さなお子さんでも安心して通うことができるでしょう。

歯周病の元となるのは普段の食べたものの磨き残したもの・プラークです。
きちんと磨いているようでいて複雑な形をしている口内ですからどうしても残ってしまうのです。
日々の歯磨きのやり方は変わらないでしょうからプラークが溜まるのは同じ部分です。
定期的に歯科医院に通ってこれを歯科衛生士さんに取り除いてもらえればいいのですが、そのまま何ヶ月も放っておくとやがては固まって石のようなもの(歯石)になってしまいます。
こうなるともう歯ブラシや歯間ブラシなどで取り除くことはできません。
歯周組織に炎症が起こって細菌に感染したり、歯肉炎や歯槽膿漏といった病気が引き起こされてしまうのです。
やがては歯が抜けてしまうことになります。
いつまでも自分自身の歯を使ってお食事が取りたいと願うのであれば、食後の歯磨きを欠かさないだけでなく、定期健診も欠かさないようにしてください。

虫歯であれば痛みを我慢できなくなって歯医者に駆け込む方も多いですが、歯周病は初期の段階では特に痛みも違和感もありません。
そのためについつい先延ばしにしていると取り返しの付かないことになってしまいます。
大事に至ってから慌てて病院に行っても、もう手遅れです。
歯科衛生士さんは歯科保健指導も行っています。
定期的に通うだけでなく正しい歯磨きのやり方についても学んでおけば、更に歯周病の割合を減らすことができるはずです。
小学校などでの歯科保健指導もしており、10代以下の子どもたちにも歯磨きの大切さを教えてくれているのです。

関連ページ